関東の戦国期 領主と流通 - 新井浩文

関東の戦国期 領主と流通 新井浩文

Add: ebagoqo9 - Date: 2020-12-06 00:44:09 - Views: 766 - Clicks: 8476

15: 新井浩文. 段階的推移としては、室町期の「役銭制」戦国期の「貫高制」豊臣政権以降の「石高制」を考え、第 一編で、は「役銭制」と「貫高制」に対応した中世都市の分析に、第二編は「石高制」に対応した近世 都市の分析にあてている。 e第一編-21 -. 新井 浩文(19. 石川正西聞見集 埼玉県立図書館/. 関東の戦国期領主と流通 岩付・幸手・関宿 戦国史研究叢書8 著者:新井浩文 著 発行元:岩田書院 出版年:/12 新刊: 10,450. 梶原 政景(かじわら まさかげ)は、戦国時代から江戸時代前期の武将。 岩付太田氏である太田資正の次男で、北条家臣として活動した太田氏資の異母弟。. 北関東農村における旗本領主支配と農民闘争 : 論文: 桜井邦夫(さくらいくにお) 近世における東北地方からの旅: 論文: 宮本由紀子(みやもとゆきこ) 明治期の吉原─「吉原細見」の分布を通して: 論文: 第35号──吉田常吉先生.

梶原上野介未亡人の養子となり、梶原の名字を称した。梶原姓を称した時期には諸説あるが、『年代記配合抄』という書物によれば、天文17年(1548年)に生まれ、弘治3年(1557年)3月に葛西城 の足利義氏の下で元服して「梶原源太政景」と称した。 梶原氏は、古河公方家の奉公衆とし. (6) 提供制限 インターネット公開 原資料(url). 11刊 治水技術の歴史 中世と近世の遺跡と文書 畑 大介著 18. 期武家権力の特質解明のための展望を示すこととする。 1.都市史研究の進展と武家拠点 都市は中世後期武家権力の展開に重要な役割を果たし た要素であった。早く原田伴彦氏や豊田武氏によって展 開された「封建都市論」は,封建領主層と民衆の間の階. 研究成果の概要(和文):中世・近世移行期、北関東における地域社会構造について、具体的に はとくに武蔵国横見郡和名村内のかわた集団とその周辺の地域社会構造との関係を検討し、中 世末から近世半ばにかけての歴史的展開を跡づけた。また上野・下野の長吏とその集団・周辺 地域につ.

関東の戦国期領主と流通 岩村 幸手 関宿 本 雑誌 戦国史研究叢書 8 単行本 ムック 新井浩文 著; パナソニック k-hica150bg n ハイカライト 演色本位形高圧ナトリウム灯 旧形番 k-hica150b・g 透明形 ボール形. 羽生城と木戸氏 冨田 勝治/著 熊谷家文書 埼玉県立図書館/. うみの100かいだてのいえ. 関東における交通の形成と展開-上総国周准郡を事例として- 3. 戦国期の簗田氏について : 論文: 杉山博(すぎやまひろし).

甲午改革期の警察と民衆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤俊介 メリット大国イギリス. 梶原上野介未亡人の養子となり、梶原の名字を称した。梶原姓を称した時期には諸説あるが、『年代記配合抄』という書物によれば、天文17年(1548年)に生まれ、弘治3年(1557年)3月に葛西城 の足利義氏の下で元服して「梶原源太政景」と称した。. 「関東の戦国期領主と流通-岩付・幸手・関 宿」(岩田書院、年) 共著: 「教会アーカイブス入門」(いのちのことば 社、年) Created Date: 9:03:44 PM. 3) 「日本中世の港町-その景観と航海圏-」 (歴史学研究. ・戦国期江戸および周辺地域の在地領主と 寄子・同心の軍団編成について -本田文書と永禄年間の葛西要害争奪戦をめぐって- 加増啓二 市民の歴史広場(投稿) ・亮盛師と坂東霊場記について 岡田久松 ・水害で流された天王様 篠田長一郎 ・獄中で毒殺された名主五右衛門の話 白石敏夫 ・�. 梶原 政景(かじわら まさかげ)は、戦国. 杉山博「上杉輝虎(謙信)と太田資正(道誉)」(初出:『埼玉県史研究.

新井 浩文『慈恩寺―岩槻 5巻』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 国立国会図書館デジタルコレクション; 日本の古本屋(全国古書検索) 想-IMAGINE Book Search(関連情報検索) カーリル(公共. 前へ 次へ.

戦国期今川氏の領域と支配 (戦国史研究叢書) 大久保俊昭: 57570: 関東の戦国期領主と流通 (戦国史研究叢書) 新井浩文: 57571: 戦国期越後上杉氏の研究 (戦国史研究叢書) 木村康裕: 57572: 岩崎文庫貴重本叢刊 近世編 5 菱川師宣絵本: 東洋文庫日本古典文学会編: 57573. 戦国時代には、羽黒城主であった梶原景久が織田信長に仕えている。団忠正も一族か。 平姓梶原氏歴代当主 編集 梶原景久【初代】(鎌倉景通の子) 梶原景長【二代】(景久の子) 梶原景清【三代】(景長の子) 梶原景時【四代】(景清の子). 関東の戦国期領主と流通: 著作者等: アライ ヒロブミ 浩 新井: 書名別名 : カントウ ノ センゴクキ リョウシュ ト リュウツウ: 言語: 日本語: この本を: mixiチェック. 12 講演要旨 西垣晴次 寺社参詣の意義 13. 戦国期の荘園領主と請文 ―九条政基帰京後の日根荘― 岩本潤一 史料紹介 丹波片山家文書―南北朝期の新出史料について― 濱田浩一郎 日本古文書学会設立五十周年特集 日本古文書学会設立五十周年特集について 高橋典幸 特別寄稿「古文書学研究の現状と課題」 柴辻俊六 エッセイ「杉原紙雑�. な流通構造の一端を担っていた。 四国を本拠とする三好長慶は,畿内支配をめざして大阪湾の港湾都市(堺・兵庫 津・尼崎)に進出する。これらの港湾都市は,首都京都を背景にして東アジア経済 につながる要港であった。長慶はこれらの港湾都市の法華宗寺院や有力な商人と結 びつき,法� ゲスト:新井浩文 氏(県立文書館学芸主幹) 「「戦国時代戦国時代のの利根川利根川」 」 日 時:年10月8日(水)午前10時~12時 会. 『戦国大名家臣団事典東国編』新人物往来社 阿部哲人 「上杉謙信期における小泉庄の政治的位置-出羽庄内との関係から-」 『米沢史学』30:. 12 文献目録 新城常三 古代・中世水運史(国内)研究文献目録Ⅱ 12.

40 論文 山本光正 旅. 関東の戦国期領主と流通 : 岩付・. Ⅳ:滝川恒昭「常総の流通と布川新井氏――新井家旧蔵文書の紹介」 Ⅴ:内山俊身「戦国期簗田氏城下水海の歴史的位置――関東の二大河川流通路の結節点を考える」 Ⅵ:新井浩文「戦国期の利根川流路と交通――栗橋城と関宿城の機能を中心に」 Ⅶ:石渡洋平「『家忠日記』にみる下総国の. 梶原上野介未亡人の養子となり、梶原の名字を称した。梶原姓を称した時期には諸説あるが、『年代記配合抄』という書物によれ.

12刊 大宰府の研究 大宰府史跡発掘50周年記念論文集刊行会編 18. DOORSは同志社大学の学術情報検索システムの名称です。蔵書を検索して、資料の所在や利用状況を知ることができます。DOGS Plus、学術リポジトリ、同志社女子大学、CiNii Books、CiNii Articles、NDLサーチを検索することもできます。. 梶原 政景(かじわら まさかげ、天文17年(1548年)) - 元和元年(1615年))は、戦国時代から江戸時代前期の武将。岩付太田氏である太田資正の次男で、北条家臣として活動した太田氏資の異母弟。母は大石定久の娘。妻は真壁久幹の娘。. 20: 阿部哲人 「謙信の揚北衆支配」 福原圭一・前嶋敏編『上杉謙信』高志書院:.

関東の戦国期領主と流通 岩村・幸手・関宿: 新井 浩文: 岩田書院 : 9500円: 文学: 自転車が私にくれた贈りもの: 土屋 朋子: まむかいブックスギャラリー: 1500円: 文学: やさしさの中に彼はいた 三太の青春小節集: 和田 親人: 愛媛新聞社: 1200円: 文学: 煌めきの章 多喜二くんへ、山宣さんへ: 本庄 豊. ・幕末期江戸東郊農村における下肥流通 -足立・葛飾・埼玉三郡境付近を中心に- 森 朋久 ・戦国期江戸および周辺地域の在地領主と寄子・同心の軍団編成について -本田文書と永禄年間の葛西要害争奪戦をめぐって- 加増啓二. 3) 「中世四国における西遷武士団のその後(下)-土佐久礼城主佐竹氏を中心にして-」 (『西南四国歴史文化研究論叢』第7号、.

ぼくのニセモノをつくるには ヨシタケ シンス. 「関東における非北条氏系領主の印章」 (有光友學編『戦国期印章・印判状の研究』所収、岩田書院、. 同じ著者; 同じ分類; 同じ出版年; 同じ件名; 1 / 4. 歴史家と噺家の城歩き 戦国大名武田氏を訪ねて 中井 均・春風亭昇太・齋藤慎一著 18. 1336年建武式目制定を成立期とする説,狭義では南北朝時代・戦国時代を除き,1392年南北朝合体から,1477年応仁の乱終結までをさす説などもある。 この時代は,政治上では幕府権力が弱体で,台頭してきた守護大名に支えられ,経済上では 商業 が発達し, 商人 が勃興した。.

「岩付太田氏関係文書とその伝来過程」新井『関東の戦国期領主と流通』(年、岩田書院)) 参考文献. ・戦国期関宿周辺の領と領主 新井 浩文 関宿城博物館研究報告 ・足利公方とその周辺 佐藤 博信 古河歴史博物館 ・中世東国の支配構造 佐藤 博信 思文閣出版 関東の戦国期 領主と流通 - 新井浩文 ・日本の城郭大系第4巻、第5巻 新人物往来社. 幕藩制成立期の領主米流通-福岡藩の上方・江戸廻米について- 12. 【ゆうメール利用不可】。関東の戦国期領主と流通 岩村・幸手・関宿本/雑誌 (戦国史研究叢書 8) (単行本・ムック) / 新井. 新井 浩文「震災活動状況報告」 【会告】 煎本 増夫「川名登氏を悼む」.

新井浩文著『関東の戦国期領主と流通―岩付・幸手・関宿―』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田中宏志 小田原近世史研究会�. 令制国の上野国で国府の所在地は現在の前橋市元総社町付近と推定されています。 戦国期以前の群馬県 中世の上野国には荘園や国衙領を基盤とした中小武士団が勃興します。 県北部から東部にかけて秀郷流藤原氏一族、東部の新田荘に新田氏一族、県南部には武蔵から. なお、「梶原源太」は鎌倉時代の武将・梶原景季と同じ名乗りであったが、鎌倉期 の梶原氏と古河公方奉公衆の梶原氏の関係は不詳である。その直後から、義氏の奏者として政景の名前が登場することから、義氏の近臣として仕えていたとみられて. 関東の戦国期領主と流通 カントウ ノ センゴクキ リョウシュ ト リュウツウ id新井浩文 アライ ヒロブミ 乙第107号 平成28年3月18日.

10刊 戦国期境目の研究 大名・領主・住人 大貫茂紀著 18. 駒澤大学 博士(歴史学) 乙第107号. 戦国期関東における本山派修験の勢力伸長について : 幸手不動院を事例として 著者 新井浩文 出版者 埼玉県 出版年月日 1992 掲載雑誌名 文書館紀要. 後北条領国の地域的展開の本の通販、浅倉直美の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで後北条領国の地域的展開を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは文芸書・エッセイの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 新井浩文『関東の戦国期領主と流通』(岩田書院、年) isbn「古河公方足利氏と幸手一色氏」(初出1996年) 「一色直朝と一色義直」(初出年:『幸手市史』通史編1). 鎌倉景通の嫡男の梶原景久が相模国 鎌倉郡 梶原にて梶原氏を称したことに始まる。 梶原景時の代に源頼朝に仕え権勢を誇ったが、その死後に没落した。 しかし、一族は滅んだ訳ではなく、各地に存在している。 概要. レビュー投稿で次回使える円クーポン全員にプレゼント。【送料無料】防炎遮光1級カーテン ベージュ 約幅135&215;丈150cm 2枚組 【インテリア レビュー投稿で次回使える円クーポン全員にプレゼント敷物・カーテン】.

荒木 美緒知「中近世移行期における伝馬制度と地域社会‐上野安中宿・信濃軽井沢宿を中心に‐」 芳賀 和樹「秋田藩阿仁銅山掛山における御用炭・焼木・諸材木生産」 横山 考之輔「江戸における上納地」 石田 七奈�. 利府の自性院でも見られた戦国時代の修験道の勢力拡大について記載されているとのこ. ^ 新井浩文「織豊政権と太田三楽斎父子」『戦国・近世初期 西と東の地域社会』橋詰茂 編、岩田書院、年6.

新井 浩文 戦国期関宿周辺の領と領主-後北条氏による古河公方領再編における一考察- 石田年子 利根川中流域の女人信仰-野田市・十九夜塔を中心として- 史料紹介 中村 正己 近世の世喜宿城絵図について 野田地方史懇話会古文書研究会 船橋随庵関係文書より六篇 研究ノート 林 保 関宿藩.

関東の戦国期 領主と流通 - 新井浩文

email: xofol@gmail.com - phone:(647) 639-3528 x 3772

小樽・函館『蟹工船』 小林多喜二 - 小林多喜二 - レボリューション スティーブ

-> 夫殺し - 李昂
-> ハレーすい星のなぞ - 的川泰宣

関東の戦国期 領主と流通 - 新井浩文 - ENGLISH STUDIES PHILOLOGY


Sitemap 1

新潟県模擬テスト社会 - こどもとあそぼ