機械受注統計調査年報 平成6年版 - 経済企画庁調査局

機械受注統計調査年報 経済企画庁調査局

Add: muces63 - Date: 2020-11-23 02:11:52 - Views: 3417 - Clicks: 7894

平成6年の賃金、労働時間及び雇用の動きー毎月勤労統計調査. 経済企画庁調査局 言語: 日本語 機械受注統計調査年報 平成6年版 - 経済企画庁調査局 出版情報: 東京 : 経済企画庁調査局,19 著者名: 経済企画庁調査局 巻次(年次): 昭和58年4月実績 (昭58. 東京 : 経済企画庁調査局, 1963-形態: 冊 ; 26-30cm 注記: 昭和37年度-38年度, 昭和40年度-48年度の出版者表示: 経済企画庁調査局統計課 平成13年版-平成20年版の責任表示: 内閣府経済社会総合研究所 平成18年版の表題紙: 平成18年度版(誤植)と記載 著者名:. 経済企画庁調査局統計課 編 経済企画庁調査局統計課, 1963-公文書版 昭和37年度 (昭37)-昭和63年版 (昭和63) ; 平成元年版 (平1)-タイトル読み. 9 ndlc : dt652 ndlc : dl413 ndlsh : 機械工業 -- 統計: 注記: 責任表示変更: 経済企画庁調査局(-平成12年版)→内閣府経済社会総合研究所(平成13年版-). 紙・印刷・プラスチック製品・ゴム製品統計編 年5月22日公表 資源・窯業・建材統計編 年5月22日公表 ※平成29年から、全ての品目を調査単位で公表しています。 年3月27日. 機械受注統計調査年報 平成12年版 経済企画庁調査局 / 国立印刷局 /12 ¥3,700 : 総合重機 陸・海・空に展開する世界競争 古賀義弘 / 大月書店 /07 ¥2,200: 機械受注統計調査年報 平成11年版 経済企画庁調査局 / 国立印刷局 1999/10 ¥3,600.

この調査は、国税庁が作成する源泉徴収義務者名簿を基に、標本として抽出された源泉徴収義務者(以下「標本事業所」という。)及び標本事業所に勤務する給与所得者(以下「標本給与所得者」という。)について行った。 標本の抽出は、標本事業所の抽出及び標本給与所得者の抽出の2段階からなっている。 (1) 第1段抽出 事業所を、事業所の従事員数等によって層別し、それぞれの抽出率で標本事業所を抽出した。 なお、第1段抽出は、国税庁長官官房企画課で行い、抽出された標本事業所には、国税局総務部企画課(沖縄国税事務所にあっては総務課。)から調査票を送付した。 (2) 第2段抽出 標本事業所の給与台帳を基にして、一定の抽出率により標本給与所得者を抽出した。ただし、標本事業所において年間給与額が2,000万円を超える者は、全数を抽出した。 なお、第2段抽出は、標本事業所が行った。 1. 以後版表示となる 昭和55年版以降の出版事項: 東京 : 大蔵. 12) ; 平成元年1月実績 (平1. 令和2年12月1日: 法人企業統計調査(令和2年7~9月期)の結果(pdf:591kb) を公表しました. 【tsutaya オンラインショッピング】機械受注統計調査年報 平成3年版/経済企画庁調査局 tポイントが使える・貯まるtsutaya.

機械受注統計調査年報 Format: Book Responsibility: 経済企画庁調査局編. 市販本版 フォーマット: 雑誌 責任表示: 経済企画庁調査局統計課編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局, 1963-形態: 冊 ; 26-30cm 注記: 昭和55年版の調査年は昭和54年度. 事業所・企業統計調査は、我が国における事業所及び企業の産業、従業者規模などの基本的構造を明らかにするとともに、国や地方公共団体における各種行政施策の計画、立案のための基礎資料を得るほか、事業所及び企業を対象とした各種統計調査実施のための母集団情報としての事業所及び. 4)-昭和63年12月実績 (昭63.

企業行動に関するアンケート調査報告書: 主題: 企業--日本: 分類・件名: ndc9 : 335 bsh : 企業 -- 日本: 注記: 昭和62年版までは「企業の意識と行動」 平成13年以降の編者: 内閣府経済社会総合研究所 平成13-14年の出版者: 財務省印刷局 平成15年以降の出版者: 国立. 6月30日平成27年商業動態統計年報; 6月24日平成26年商業統計表 立地環境特性別統計編(小売業) 5月27日第45回海外事業活動基本調査確報; 4月28日平成26年工業統計表 用地・用水編、工業地区編; 4月25日平成25・24年延長産業連関表(平成23年基準). 主題: 機械工業--統計: 分類・件名: ndc8 : 530. 図表4―2 日本の経済成長の動向 出所)経済企画庁 1968年sna統計1990年価格基準. 図表4―3 企業の総資本経常利益率の推移 242)『経済白書』1988,1989,1990年版. 243)『機械受注統計調査年報』.. 機械受注統計調査年報 資料種別: 図書 責任表示: 経済企画庁調査局編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局, 1968.

※事業所・企業統計調査は、平成18年の調査を最後とし、平成21年から経済センサスに統合しました。 ※昭和56年~平成18年事業所・企業統計調査結果はこちらから御覧ください。 の項目は、政府統計の総合窓口「e-Stat」掲載の統計表です。. 1) - 継続前誌: 機械受注実績統計調査報告 / 経済企画庁調査局統計課 書誌. 民間給与実態統計調査は、昭和24年分から始まり、以後毎年実施している。 昭和29年分の調査から、統計法に基づく指定統計(第77号)となり、平成19年の統計法改正により、平成20年分の調査からは基幹統計とされている。.

国税庁は、集められた調査票の記入内容の矛盾等について精査し、必要な補足訂正が完了したものについて集計する。補足訂正を行う際に、行政記録情報を用いることはない。 なお、補足訂正が不可能な調査票については、得られた情報全体を集計対象外としている。 その上で、回答が得られた数値(非回答及び一部非回答除く。)の集計結果に、回答率(有効回答数/母集団数)の逆数を乗じて全体の推計を行っている。. 機械受注統計調査は、機械等製造業者の受注する設備用機械類の受注状況を調査することにより、設備投資動向を早期に把握し、経済動向分析の基礎資料を得ることを目的として実施している一般統計調査です。主要機械等製造業者である280社ベースを対象に、毎月調査を実施しており、需要者. 平成13年版-平成20年版の責任表示: 内閣府経済社会総合研究所. この調査の特色は、次のとおりである。 (1) 従事員1人の事業所から従事員5,000人以上の事業所まで広く調査していること。 (2) 給与階級別、性別、年齢階層別及び勤続年数別による給与所得者の分布が分かること。 (3) 企業規模別(事業所の属する企業の組織及び資本金階級別)に給与の実態が分かること。. 平成28年度年報の「第3章 加工食品の輸出入動向」(69 、 79ページ)及び、「食品製造業統計表」(232、233ページ)について誤りが認められたため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。 平成30年3月27日修正箇所抜粋(PDF : 375KB).

平成18年版の表題紙: 平成18年度版(誤植)と記載. 1%) 宿泊業 飲食サービス業 509,698 6. 本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者個人の見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示す. 民間給与実態統計調査は、国税庁-国税局(所)-民間事業者-標本事業所の流れにより行っている。 具体的には、国税庁において、標本となる事業所の抽出を行い、抽出された標本事業所には、各国税局(所)を経由し、国税庁長官が委託する民間事業者(以下、委託業者という。)から調査票を送付する。標本事業所において記入された調査票は、委託業者を経由して、国税庁へ提出される。 なお、委託業者は調査票の発送・収受のほか、調査票の記入内容に係る質疑応答及び調査票の督促(電話及びハガキ)等を行っている。.

9 ndlc : dt652 ndlc : dl413 ndlsh : 機械工業 -- 統計: 注記: 昭和37年度-38年度, 昭和40年度-48年度の出版者表示: 経済企画庁調査局統計課 平成13年版-平成20年版の責任表示: 内閣府経済社会総合研究所. 平成30年度年報の「第1章 食品製造業をめぐる市場経済動向」(11ページ)について誤りがあったため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。 令和元年9月11日修正箇所抜粋(PDF : 239KB). 5%) 資料:総務省・経済産業省「平成28年経済センサス-活動調査」再編加工 (注)1. 5%) 卸売業 207,986 15. 経済企画庁調査局【編】 大蔵省印刷局 1994/12/01出版 252p 26cm(B5) ISBN:NDC:530. 機械受注統計調査年報平成10年版経済企画庁 販売額平成21年10月、発行回数年刊 詳細 人権統計年報II〔非売品〕。 統計資料目録、参考1>需要者別機械受注動向・発行所名内閣府経済社会総合研究所景気統計部機械受注統計調査報告利用上注意公表. 平成7年基準(1993sna) - 1980年から掲載.

建設工事受注動態統計調査(大手50社 令和2年10月分)について(年11月30日) 建築着工統計調査報告(令和2年10月分)(年11月30日) 建設労働需給調査結果について(令和2年10月調査)について(年11月25日). 標本事業所から提出された調査票は、委託業者において記入不備や記入誤り等を確認しデータ化された後、国税庁長官官房企画課において集計される。 なお、データ化にあたっては、委託業者において、OCRソフトで読み込まれる。その際、OCRソフトで読み込まれた結果については、調査票の内容と相違がないか目視により確認を行っている。. イ 源泉徴収義務者に関する事項 (イ) 名称又は氏名 (ロ) 所在地又は住所 (ハ) 企業の主な業務 (ニ) 給与所得者用調査票の枚数及び人員数 (ホ) 組織及び資本金 (ヘ) 給与所得者数 (ト) 年間給与支給総額 (チ) 給与支給総額に対する年間源泉徴収税額 ロ 給与所得者に関する事項 (イ) 給与所得者の氏名又は記号等、性別、年齢、勤続年数及び職務 (ロ) 年中の給与の受給月数 (ハ) 年末調整の有無 (ニ) 扶養親族の内訳 (ホ) 給与の金額 (ヘ) 所得控除額及び税額控除額の内訳 (ト) 年税額. 平成28年度年報の「食品製造業統計表」(233ページ)について誤りが認められたため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。 平成29年5月25日修正箇所抜粋(PDF : 77KB). 製造業 380,517 32. 9 &92;3,495 (税込&92;3,844). 昭和37年度-38年度, 昭和40年度-48年度の出版者表示: 経済企画庁調査局統計課.

平成29年度年報の「食品製造業統計表」(134、135ページ)について誤りが認められたため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。 平成30年5月14日修正箇所抜粋(PDF : 230KB). 9%) 小売業 623,072 14. 法人企業景気予測調査(令和2年10-12月期) 年12月9日 機械受注統計調査報告(令和2年10月実績) 年12月8日 国民経済計算推計手法解説書(年次推計編)年(平成27年)基準版(令和2年11月27日(令和2年12月8日改訂)) 年12月8日 四半期別GDP速報(. 調査票には、事業所に関する事項を記入する「事業所用の調査票」と給与所得者に関する事項を記入する「給与所得者用の調査票」の2種類があり、いずれも標本事業所が記入を行い、個々の給与所得者は、調査票の記入を行っていない。 標本事業所は、「事業所用の調査票」に、事業所の従事員数、調査対象年中に支給した給与総額、源泉徴収した所得税額等を記入し、「給与所得者用の調査票」に、給与所得者の性別、年齢、給与金額、源泉徴収税額、扶養人員、控除した生命保険料の金額等を記入することで調査票の作成を行っている。. 平成27年度年報の「第3章 加工食品の輸出入動向 総論」(62 - 64ページ)及び、マカロニ類の生産量等について誤りがあったため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。 平成29年1月12日修正箇所抜粋(PDF : 1,769KB) なお、調査実施機関である (社)食品需給研究センターのホームページ(外部リンク)でもご覧になれます。. 令和2年調査票改正について ・調査票、変更内容(xlsx/17KB) 年2月6日.

調査の目的 自動車輸送統計調査は、統計法に基づく基幹統計調査(基幹統計である自動車輸送統計を作成するための調査)として、国内で輸送活動を行う自動車を対象に、その輸送量・走行量等を把握することにより、自動車輸送の実態を明らかにし、我が国の経済政策及び交通政策等を策定. 機械工業--統計: 分類・件名: ndc8 : 530. 2%である。 (参考)オンライン調査システムを利用した回答の推移.

27 発行) 本書は、平成27年産業連関表をベースとして、最新の統計データを元に推計を行い、詳細な部門分類(行506部門、列386部門)で作成されたものです。. 平成29年度年報の食肉缶・びん詰、水産缶・びん詰、農産缶・びん詰及び調理缶・レトルトパウチの生産量等について誤りが認められたため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。 平成6年版 平成31年2月20日修正箇所抜粋(PDF : 2,299KB) 分割版1(PDF : 1,778KB) 分割版2(PDF : 524KB). 【tsutaya オンラインショッピング】機械受注統計調査年報 平成10年版/経済企画庁調査局 tポイントが使える・貯まるtsutaya. (見本/令和元年分)源泉徴収義務者用(A4サイズ)(PDF/300KB) 2. 昭和57年版.

See full list on nta. 経済産業調査会 編: 7/31 新刊 : 改訂9版 化学・バイオ特許の出願戦略 細田 芳徳 著: 6/12 新刊 : 外国意匠登録出願の実務 吉田 親司 著: 3/ 9 新刊 : 年版 電気事業便覧 経済産業省資源エネルギー庁 編: 3/ 4 新刊 : 平成30年版 日本の大気汚染状況. 経済産業省(法人番号) 関東経済産業局 〒埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら. キカイ ジュチュウ トウケイ チョウサ ネンポウ. 平成28年 産業連関表(延長表) 経済産業調査会 編 本体 14,800円(+税) a4判 (.

民間給与実態統計調査は、①インターネット(オンライン調査システム)、②光ディスク等(CD、DVD、FD、MO)、③送付された調査票のいずれかにより回答し、①についてはインターネット回線を経由し提出、②及び③については、郵送により提出する。 なお、平成29年分調査におけるオンライン調査システムを利用した回答の割合は、29. See full list on maff. (1) この調査は、標本調査のため、標本事業所及び標本給与所得者から得た標本値に、それぞれの標本抽出率及び調査票の回収率の逆数を乗じて全体の給与所得者数、給与額及び源泉徴収税額を推計しているので、他の税務統計の関連数値とは一致しない。 (2) 業種の分類に当たっては、調査対象事業所の属する企業の業種により分類したのであって、事業所の業種によっていない。例えば、会社の事業が鉄道で、別に不動産業を経営している場合、標本事業所の業種が不動産業であっても、その業種区分は「不動産業,物品賃貸業」ではなく「運輸業,郵便業」としている。 (3) 標本事業所を抽出する際に、業種区分や雇用形態別(役員、正規、非正規)によらないで、事業所の従事員数等の区分によって層別している。したがって、電気・ガス・熱供給・水道業等の業種や、雇用形態別(役員、正規、非正規)でみた場合の、標本事業所数の非常に少ない箇所の計数の精度は低くなっている。 (4) 給与所得者数、給与額及び税額等の計数の処理方法は、単位未満を四捨五入したため、各表の内容と「計」又は「合計」とが符合しない場合がある。また、金額が単位未満の端数からなるため、その端数を切り捨てたときは「0」とし、該当する計数のないときは「―」と表示している。 (5) 本調査は本来全国を単位とした調査であるため、国税局別表は参考値である。 (6) 国税局別表は、源泉徴収義務者の所在地を管轄する国税局単位による集計結果であり、給与所得者の住所地では集計していない。このため、各国税局管内の給与水準を表しているとは限らない。 (7) この調査は民間の給与所得者の給与について源泉徴収義務者(事業所)の支払額に着目し集計を行ったものであり、その個人の所得全体を示したものではない。 例えば、複数の事業所から給与の支払を受けている個人が、それぞれの事業所で調査対象となる場合、複数の給与所得者として集計される。 (参考) 給与・賃金に係る類似統計の整理表(PDF/158KB).

機械受注統計調査報告平成7年1ー3月見通し. 令和2年9月1日: 法人企業統計調査(令和2年4~6月期)の結果(pdf:545kb) を公表. 政策情報資料集ニュー・ポリシー 14(9) 研恒社政策情報資料センタ-当館請求記号:z2-733. (平成15)年度 国民経済計算確報(年基準・1993sna)(1980年~年)(平成17年版国民経済計算年報の全データが掲載してあります。) 参考資料(利用上の注意、ポイント、体系の解説など、年報収録資料を掲載). 平成29年度年報の「食品製造業統計表」(124ページ)について誤りが認められたため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。 平成30年6月19日修正箇所抜粋(PDF : 101KB). 昭和37年度 (昭37)-昭和63年版 (昭和63) ; 平成元年版 (平1)-継続前誌: 機械受注実績統計調査年報 / 経済企画庁調査局統計課 編 書誌id: aa11613528.

機械受注統計調査年報 平成6年版 - 経済企画庁調査局

email: xusyn@gmail.com - phone:(352) 437-7694 x 9111

ドラえもんのこどもクッキング ケーキをつくろう - 電気化学的防食工法設計施工指針 土木学会コンクリート

-> STUDIES IN ENGLISH PHILOLOGY - 溪水社
-> 成功するバランス・スコアカードの作り方 - 森勝彦

機械受注統計調査年報 平成6年版 - 経済企画庁調査局 -


Sitemap 1

茶席の裂 - 認知症のための邪道な地域支援養成講座 高次脳機能障害 発達障害